車を購入する場合   |   中古車購入時の疑問   |   中古車売却時の疑問   |   車の手入れってどうやるの?
 
車を購入する場合

乗り出し価格って、車両本体価格以外にいくら必要ですか?

車の排気量と外寸によりますが、おおむね車両本体価格の10〜15%くらいです。内訳は、

自動車取得税(50%)

   +

自動車税

   +

自動車重量税

   +

自賠責保険

   +

車庫証明費用

   +

納車費用

   +

検査登録費用

となります。国産車と外国車・新車・中古車では費用が変わりますので、詳しくはTEL/もしくはメールでお問い合わせください。

修復歴がある車って大丈夫?


試乗はできますか?

はい。試乗できます。(一部車輌を除く)
まずはご連絡ください。

オプションパーツやドレスアップパーツを取り付けられますか?

国産・外車を問わず、可能です。 取り付けパーツもメーカー純正品だけでなく、国内外のパーツメーカーもごく1部を除いて注文、取り付けいたします。 しかし、 違法改造になる場合はお断りいたします。

欲しい車が決まっているのですが、取り寄せは可能ですか?

もちろん可能です。 新車・中古車を問わず、C-SPIRE はオールメーカー取扱いです。お気軽にお問い合わせください。

クルマの購入契約を解約したいのですが・・・?

通信販売などでよく耳にする「クーリングオフ」制度は車の購入時には適用されません。 どうしてもキャンセルしたい場合は、すぐに   C-SPIRE の担当までご連絡ください。 ただし手付け金は戻りません。また整備などに取りかかっていたら、その実費を請求させていただく事もあります。 *「手付金」と称して車両価格の半分程度を請求してくる悪質な業者もありますが、これは不当な請求です。 いずれにしろお車をご購入されるときは、契約書にサインをする前にじっくり考えることが重要です。衝動買いの傾向のある人は、一晩ほどおいて冷静になってみる余裕を持ちましょう。

中古車購入時の疑問

遠方でも車を購入できますか?

全国各地からご購入していただき、納車も可能です。
お気軽にご相談ください。

遠方で車を見に行くことができないのですが。。。

基本的に、ご来店していただき現車を確認していただきたいのですが、
ご希望の方は必要な画像をご請求ください。
画像は返信メールに添付いたします。
またお車については、なんでもご質問ください。

店頭価格が50万円以下の中古車なら取得税がかからないと聞きましたが?

基本的にはかかりませんが、場合によっては取得税が必要になるのでご注意ください! 中古車の店頭価格は、同じ年式・グレードの同一車種でも、車の人気や傷の程度などによって販売価格に差があります。 しかし、取得税の基準となる取得価格は、新車を基準に年式に応じて一定のベースで計算されるもので、車の人気や状態・程度には左右されません。 ですから、店頭価格が50万円以下かどうかということは、取得税の有無とは直接は関係がありません。 C-SPIRE では最新の税額一覧表を常備していますので、お気軽にお問い合わせください。

中古車売却時の疑問

査定は無料ですか?

もちろん無料です。メールやお電話で、お気軽にお問い合わせください。

車を売る時に必要なモノは何ですか?

必ず必要なもの。
・自動車検査書(車検証)
・自賠責保険証券
・印鑑証明書

・リサイクル券
・実印
・納税証明書(自動車税)
・必要書類への署名・捺印
・住民票(車検証記載の住所から住所変更している場合)

・カーオーディオ機器等の付属品(リモコン等)
そろっていれば査定アップにつながるもの。
・整備手帳
・お車の取扱説明書
・付属品(カーオーディオ機器等)の保証書と取扱説明書
・スペアタイヤ
・車載工具
です。
車の手入れってどうやるの?

車にキズがつきました。修理が必要ですか?

キズの深さによりますが、比較的浅い(表面の被膜に付いた)キズでしたら、ホームセンターなどで売られている修復剤で修理可能ですが、表面の被膜より深いキズの場合は、きちんと修理される方が良いでしょう。 ですが、 その判断には専門的な知識が必要ですので、念のため、一度当社にお持ちいただく方が良いです。キズを放置すれば、そこから塗装面が錆びてくる事もあります。

エンジンオイルはどのくらいで交換すればいいですか?

車の年式にもよりますが、走行距離3,000km、又は6ヵ月おきくらいに交換してあげてください。 エンジンオイルにはいくつもの役割があります。しかし、エンジンオイルは常に適量を補充され、その上キレイな状態でなければ、役割を果たしてはくれません。それどころか、汚れたエンジンオイルをずっと使用していると、エンジンオイルの性能が低下してお車の出力が下がったり、オーバーヒートを起こしたり、最悪の場合エンジンを壊してしてしまいます。 エンジンオイルは意外にデリケートですので、前回オイル交換した時の走行距離と時期には常に気を配ってください。


Copyright © 2006 C-SPIRE All rights reserved.